読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

反日vs歴史修正主義者

メカAGさんにお返事 - ARTIFACT@ハテナ系
kanoseもたいしたことないな(笑 : メカAG

メカAGとid:kanoseのバトル!
この辺の歴史問題は、触れても何も良いことはないと相場が決まってるので躊躇する・・・が。
オレもあの文脈で「反日」って使ったのには引っ掛かった。「サヨク」ぐらいでよかったんじゃないかと。これなら別に

日本のマスコミは一致団結して、日本を貶めるような報道をしているのだ!

とまでの予断は生まないだろう。メカAGがそっち側からものを見てる人って意外性はともかくとして。

でもオレは「歴史修正主義」って言葉を右寄りの思想の人に批判的に使う人、も同じぐらいの色眼鏡で見てます。「反日」とたいして変わらない程度には。
だって「歴史」を「修正」するって当たり前じゃん。それを批判的に使うってことは「歴史は修正すべきものではない」って言ってるのと同じこと。なんて偏った、ナイーブな人たちなんだと。
でもキーワードリンクでこの言葉が使われる経緯が書かれているのを見ると、そこまでナイーブな話でもないみたいなんだけど、だからと言ってオレの偏見というかレッテルが無効になるわけでもなく、やっぱり相当イデオロギッシュな言葉だと思う。すでにたったこれだけのことでメカAGを「ネトウヨ」なんて言葉でひとくくりにしてる人までいるわけで、こういう人は「歴史は修正すべきではない」と思ってても不思議じゃないし、そういう人を多分に含んでるんだろうという予断で見る。
少なくとももうちょっとましな命名をすべき。相手に失礼とかじゃなく使う人がバカにしか見えないからという理由で。


しかしこういう話はつまらない状況しか作り出さないから、本来語らないのがスマート。きっといつものあーいう話になって互いの偏見を助長するだけして、何も生み出さず終わる・・・政治と野球と宗教の話はするな。かつての世間智は今なお有効。野球はまぁ。
結果まともな人ほど口をつぐみ、世には極端な大声がコダマし続け、それがまた新たな偏見を生むという悪循環。
日本の歴史教育は解釈を表面的にはほぼ放棄した。いわく歴史は事実の積み重ねである。ぼくらの「解釈」というものに対するナイーブさはここから来ているんだろう。そこに「ただ一つの事実」があるという思い込み。たった一つの事実をめぐる飽くなき闘争ゼロサムゲーム。




大体からして歴史は勝者が紡いだ物語だ、というのがおよそどこでも通ずる真理のようなものとして言われているけども、いったい日本の歴史のどこに勝者がいるか。
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり・・・って滅びの歴史じゃないか。呪いじゃないか。
これをガキに音読させて覚えさせるってんだから。
思えば日本の歴史は敗者の歴史だった。暗黙にそう教わった気がする。いかにして負けたか、を延々習い、その大オチが太平洋戦争の敗戦。実に盛大に華々しく負けた。
その後経済で復興し、おごり高ぶる日本。


完全にフラグである。
これが小説なら誰だってそう思う。オレもそう思う。
そろそろ平家の呪いが作用してもいい頃。あるいはすでに作用しているのか。
小説ならそれもいいかもしれないけど、ゲームだとしたらクソゲーである。


で、日本の左右からの歴史の見方ってどっちも「敗者」によって見ているんじゃないのか。どの敗者に感情移入するか、という違いしかないような。